Amazonの入金について

佐賀です。

せっかく商品が売れても、いつ入金されるのかが分からなくては

次の仕入れも難しくなってきますよね。

Amazonは入金の周期がちょっと複雑なようです。

今回はその部分をご紹介したいと思います。

まず流れを簡単に説明すると、


商品が売れる  →  締日になる →  入金

簡単に言えばこれだけなんですが、中身は結構複雑です。

Amazonの入金サイクルは2週間事になります。

つまりタイミングによっては一か月ぐらい待つ場合も。

なぜそのような事になるのか?

これはAmazon独自のシステムによるもので、

・『売上締日』

これはそのままの意味ですが、Amazonと契約してから販売の有無に関わらず2週間ごとに『売上締日』が来ます。

01月01日に開始したとすると、次の締日は01月14日になります。

・『引当て金』

01月01に開始したとすると、08日~14日の締日までの後半部分がこの期間に充てられます。

これはAnazonが、返品・返金対応に備えて、一時的に押さえる保証金の期間になります。

。『入金の締日』

先ほどの『引当て金』の都合によって『入金の締日』は『売上締日』とは別に設定されます。

原則として『売上締日』から一週間後が『入金の締日』となります。

例えば01/011~01/14という期間で、『売上締日』が01/14の場合、

締日は1/21になります。

・『入金の確定日』

『入金の締日』から入金の確定は一週間のかかります。

入金が確定してからだいたい営業日3~4日程度で指定の口座に振り込まれます。

通常時では以下が入金される売上分になります。

前々回売上の後半一週(引当金分)+ 前回売上の前半一週 = 入金額

毎回、売上の後半一週分は『引当て金』に回る。ということです。

この時、売上の前半一週分は、すぐに入金されます。

売上の後半一週分は、保証のためAmazonが一時的に資金を保管します。

この売上の支払いは、二回目の入金日に入ります。

一方、初めて間もない方は、引当て金も実績も無いため、引き当て金の部分を考慮され、

Amazonでの管理の都合上、入金日が遅くなり、二回目以降は従来通りになります。

最初は戸惑うでしょうし、ちょっと難しいかもしれません。

もう一度まとめてみると。

・売上、入金に締日がある

・引当て金で返品、返金に対応する

・引当て金分が工面できると入金(約一週間分の売上代金)

・決められた周期で締日を迎える

・決められた周期で手続きが行われる

・最初の入金は時間がかかり売上を出してから最長で一ヶ月以上

・通常時の入金は、売上を出してから最長で約3週間かかる

実際にせどりを行う場合、ある程度この仕組みや流れを理解した上で運用していかなければなりません。

クレジット決済の場合は特に注意しなけらばなりません。

クリックで応援よろしくお願い致します^ ^


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村

ライン@では質問も受け付けます!!

ご登録していただいた方限定ですぐに10万円分仕入れられる情報を差し上げます!

【10万円分の仕入れリスト】とお問い合わせください!

友だち追加

ワンクリックで追加できない方はこちらからお願い致します!↓↓

      ID:@dkn3638q

https://line.me/R/ti/p/%40dkn3638q

*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA