Amazonの『出品手数料』と『販売手数料』

佐賀です。

 

Amazonで出品&販売を行う際に発生する、出品手数料と販売手数料についてご紹介します。

Amazonで出品する時にかかる販売手数料はかなり細かく分かれいます。

Amazonで利益を上げるためには販売手数料について、ちゃんと把握しておく事が大事です。

当然、販売手数料を考えずに仕入れを行うと利益がほとんど残らない。なんて事も。

 

まず最初に、送料や販売手数料などを様々なサイトで比較をすると思いますが、

実際の所、Amazonの販売手数料は他と比べて高く設定されていいます。

手数料だけを見ると一番高い事になりますが、他と違う点は、

『商品の管理と発送が自動化である』という点です。

面倒な作業を行わなくてもいい。という最大のメリットがある為です。

手数料が高い分、それだけ便利なサービスを受けれる。

そういう点でそもそも他のサイトと比べる事が無意味だと思います。

 

ではここから手数料についてご紹介していきます。

Amazonに商品を出品する際の選択肢として、

『大口出品』

『小口出品』

という2つの選択肢があります。それぞれで発生する手数料が違います。

 

大口出品

・月間登録料(月額固定費:4900円)

・販売手数料(注文成約時にのみ課金)

・本・ミュージック・ビデオ・DVDは、別途 “カテゴリー成約料”

カテゴリー成約料とは、メディア系の商品(本・ミュージック・ビデオ・DVD)を販売した時に発生する手数料です。

それ以外の商品を販売した時には発生しない、特殊な手数料となっています。

 

小口出品

・基本成約料(1商品成約ごとに100円)

・販売手数料(注文成約時にのみ課金)

・本・ミュージック・ビデオ・DVDは、別途 “カテゴリー成約料”

大口出品とは違い、月額固定費がかかることはありませんが、1商品ごとに100円の基本成約料が発生します。

注意として、大口出品の「月間登録料:4900円」は固定費用です。

商品を販売しても、しなくても、4900円は毎月発生する費用となります。

 

基本成約料

小口出品の際に請求される手数料です。(大口出品サービスには請求されません。)

1商品を販売するごとに100円の手数料が発生します。

単純に「販売数×100円」

10商品販売すれば、1,000円の基本成約料となります。

つまり、月に50商品以上を販売するのであれば、大口出品の方が得をする。

という事になります。

初めての方は月に50も!と思うかも知れませんが、1日に2~3個販売すれば達成します。

仮に販売数が伸び100個販売する事になると、基本成約料が10,000円になってしまいます。

 

販売手数料

出品した商品が売れたときに発生する手数料で、取り扱うカテゴリによって割合が違います。

例として下記カテゴリは8%になります。

・カメラ

・パソコン・周辺機器

・楽器

・大型家電

 

 

カテゴリー成約料

メディア系の商品、本・ミュージック・ビデオ・DVDを販売した際に発生する手数料です。

・書籍:80円

・ミュージック:80円

・DVD:140円

・ビデオ(VHS):140円

商品が売れる度に、カテゴリーごとの成約料が発生します。

 

ここまで紹介してきた手数料とは別に「FBA手数料」があります。

Amazonを利用するほとんどの方が利用していると思います。

FBAというのは、在庫の保管・商品の梱包、発送などを、全てAmazonが代行してくれる事です。

その内訳として、

 

配送代行手数料

・販売した商品のカテゴリー(メディアか、メディア以外か)

・商品のサイズ(小型・標準・大型)

・販売価格が45000円以上の高額商品かどうか

上記によって、手数料が変化します。

 

発送重量手数料

発送一つ当たりの重さによって発生する手数料と思われていますが、実は私も良く分かっていません。

更に色々調べてみてもはっきりとした回答がないようなので、ここはざっくりと。

小型、標準サイズ、重いものは手数料がかかる。

大型、高額商品は、手数料がかからない。

という理解で行きましょう。

 

在庫保管手数料

この手数料は、FBA倉庫の商品に対してAmazonが保管・管理する為の手数料になります。

手数料は、商品サイズと保管日数に応じて計算されます。

サイズを入力して金額を計算するシュミレーターもあります。

売れるまで、長くなればなるほど手数料負担は大きくなります。

最終的には利益がほとんどなくってしまう可能性もあります。

特にサイズが大きい商品は、在庫保管手数料の金額も高くなるので注意です。

 

その他の手数料

・FBA在庫の返送・所有権の放棄 手数料

・購入者返品手数料

・長期在庫保管手数料

・納品不備受領作業手数料

さらにその他の手数料として上記4つの手数料が発生します。

それぞれを簡単にご紹介します。

 

FBA在庫の返送・所有権の放棄 手数料

FBAに納品した在庫を手元に返送する。

または所有権を放棄して商品を破棄する時に発生する手数料です。

 

購入者返品手数料

ファッションカテゴリーに該当する商品(服・ファッション小物、シューズ、バッグ類)を、

購入者が返品する際に発生する手数料

 

長期在庫保管手数料

AmazonFBAでは、毎年2月15日と8月15日に、FBA倉庫で保管されている商品に対して、

在庫のチェックが入ります。

その際に、6か月以上経過している商品に対して発生手数料です。

 

納品不備受領作業手数料

FBAへの商品を納品時、Amazonのルールを守っていない場合に発生する手数料です。

例)

ラベルが、途中で切れたりにじんだりして読めない

外装ダンボールの破損

等々

 

ここまで色々とご紹介してきましたが、とにかく細かく設定されており一度読んだだけでは難しいと思います。

まずは大雑把でも、こんな手数料が発生する。という事だけでも頭にあるのと無いのでは違ってくると思います。

 

みなさまの何かの参考になれば。

ここまで、長文を読んで頂きありがとうございました。

クリックで応援よろしくお願い致します^ ^


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ライン@では質問も受け付けます!!

ご登録していただいた方限定ですぐに10万円分仕入れられる情報を差し上げます!

【10万円分の仕入れリスト】とお問い合わせください!

友だち追加

ワンクリックで追加できない方はこちらからお願い致します!↓↓

      ID:@dkn3638q

https://line.me/R/ti/p/%40dkn3638q

*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA