せどりの税金対策

佐賀です。

 

せどりをされている方、せどり以外でも副業をされている方が一度は調べた事があるでしょう。

 

「税金」

 

今回はこの「税金」に関してのお話。

まず、最初に「ばれなければいい」というのは間違いですのでその点のご理解を。

 

この手の内容で検索をすると関連ワードが色々出てくると思います。

「ばれる」 「確定申告」 「いくらから」 「対策」

今から始める人も、既に始めている人も気になる部分ではありますよね。

 

税法上、何らかの形で得た「収入」はそれがどんなお金であっても課税対象になります。

基本的に課税対象にならない「収入」は「無い」と思ってください。

 

まず、「所得税」には38万円の「基礎控除」「住民税」には33万円の「基礎控除」がありますので、

本業がなく、収入としては「せどり」だけの場合、年収が上記の金額以下だと税金がかかりません。

が、

本業がある場合、副業で得た収入が20万円以上の場合、申告が必要になります。

 

そしてこの「収入」はあくまでも「利益」に対して計算されます。

「売上」-「仕入れ(経費)」

この計算の上で手元に残った「利益」が33万円を上回るか、下回るか。

先ほどの式の「経費」は「仕入れ代金」「配送代金」「手数料」等々色々な物が含まれます。

「経費」として認められそうな費用については、全て「領収書」などを保管しておく必要があります。

 

ここまでのおさらいとして簡単に説明すると。

 

・本業があり副業で20万円以上

・せどり、転売のみの収入で33万円以上

 

上記の場合、「確定申告」が必要になります。

 

 

次にせどりの計算で注意すべき点ですが、少し前で説明した計算式について。

「売上」-「仕入れ(経費)」

これは「全ての」売上 と 「全ての」経費 ではありません。

1つ1つの商品から算出する必要”があります。

 

年間300万円分の仕入れを行いました。

内100万円分の商品が200万円の売上げになりました。

残り200万円分の商品が残っている。

200万円の売上」-「300万円の仕入れ」 マイナスになるので税金は不要。

ではありません!

 

200万円の売上」-「内100万円分の仕入れ額」

プラス100万円の「収入」になり、この100万円に税金がかかります。

ここで注目するべきは、

「個人事業者」で申告するか、「法人」として申告するかです。

自宅の家賃の半分を「経費」に出来たりするメリットが多数あるので、本気でせどりを行う場合、

「個人事業者」か「法人」化は念頭に入れておいた方がいいかもしれません。

 

次にせどりでの収入が税務署に「ばれる」ものなのかどうか?

基本的には個人間での取引なので、せどりや転売については税務署に「ばれる」事はないかと。

しかし、その収入の金額が大きくなればなるほど、税務署が個別に個人口座を調べらる可能性はあります。

ただ、一番最初にも書かせてもらいましたが、あくまで「ばれる」「ばれない」の話だけで、

義務が生じているのにも関わらず「ばれなければ支払わない」は違います。

「脱税」です。

 

税金に関しては、下手に隠したりする事を考えるより「節税」を考えましょう。

みなさまの何かの参考になれば。

ここまで、長文を読んで頂きありがとうございました。

 

クリックで応援よろしくお願い致します^ ^


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ライン@では質問も受け付けます!!

ご登録していただいた方限定ですぐに10万円分仕入れられる情報を差し上げます!

【10万円分の仕入れリスト】とお問い合わせください!

友だち追加

ワンクリックで追加できない方はこちらからお願い致します!↓↓

      ID:@dkn3638q

https://line.me/R/ti/p/%40dkn3638q

*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA