Amazonマーケットプレイス保証申請とは

佐賀です。

 

 

今回は『Amazonマーケットプレイス保証申請』について。

購入した商品に問題があった場合、購入者は出品者に対してクレームを出しますよね?

 

その際に出品者と購入者の間に入って問題を解決してくれる保障の事なんですが、

FBAではない商品に対して、商品に問題があった場合、購入者はAmazonに対して『Amazonマーケットプレイス保証申請』が出来ます。

 

多くのクレームの場合、出品者は購入者に謝罪と返金を行う。

というパターンが殆どでしょう。

しかし、一種のクレーマー的な購入者も中にはいます。

そう言う場合はお互いの間で争いが生じますが、

Amazonマーケットプレイス保証申請』を行う事で、Amazon.co.jpに間に入ってもらいます。

 

その後、Amazon側で保障申請が認められれば、購入者に返金が行われます。

さらに、せどらー側にもペナルティとして注文不良率が上昇します。

保障申請が認められると、出品者のアカウント残金から「商品代金」+「送料」が引かれます。

 

以前にもお話しましたが、出品者には『顧客満足度指数』というアカウントの健全性を図る指標が与えられています。

その一つに「注文不良率」があります。

Amazonマーケットプレイス保証申請』がAmazonで認められると、「注文不良率」が上昇して、アカウントの健全性が悪くなります。

「注文不良率」は、2ヶ月間の短期間と、3ヶ月間の長期間の間で、1%以下のパフォーマンス目標が課せられています。

「注文不良率」の目標を達成出来ない。目標を大きく下回る。等の期間が長く続けば、Amazonアカウント停止や閉鎖になる可能性も。

 

Amazon『よくある質問:顧客満足指数』から抜粋

■パフォーマンス目標は?

 Amazon.co.jpに出品するすべての出品者には、以下の目標を達成し、

 これを維持することが求められます。

  ・注文不良率 : < 1%

  ・出荷前キャンセル率 : < 2.5%

  ・出荷遅延率 : < 4%

パフォーマンス目標を達成できなかった場合でも、必ずしもアカウントに問題があるとは見なされませんが、

改善を怠った場合には、アカウントにマイナス評価を与えることになります。

パフォーマンス目標を大きく下回ったアカウントについては、出品権限が一時的に停止されたり(Amazonアカウント停止)、取り消されたりする(Amazonアカウント閉鎖)場合があります。

 

発送された商品が届かない場合も、Amazonマーケットプレイス保証申請の対象になります。

 

Amazonヘルプページの抜粋

■Amazonマーケットプレイス保証の対象となるのはどのような場合ですか?

①Amazonペイメントを通して商品を購入したものの、注文した商品が届かなかった場合

②注文商品が届いたものの、出品者の説明と著しくことなる商品であった場合.

③商品を返品した、または返品を希望したものの、出品者からの返信がない場合

 

 

みなさまの何かの参考になれば。

ここまで、長文を読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

クリックで応援よろしくお願い致します^ ^


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ライン@では質問も受け付けます!!

ご登録していただいた方限定ですぐに10万円分仕入れられる情報を差し上げます!

【10万円分の仕入れリスト】とお問い合わせください!

友だち追加

ワンクリックで追加できない方はこちらからお願い致します!↓↓

      ID:@dkn3638q

https://line.me/R/ti/p/%40dkn3638q

メルマガ限定記事も予定しております。

---------------

*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA